人生を楽しみたいですね


by merak2006
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2008年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

何かと疲れた一週間

今週は何かと疲れた
雷がらみで仕事も大変だったし
家のネットも落雷で不通  2日間ネットから隔離

おまけに 木金と飲み会続きで 飲み過ぎたし^^;

も一つおまけに リネ2帰っておいでよキャンペーン で
ついつい ログイン 昨夜は久々に ハロちゃんと 遅くまでペアしてしまった

やっぱ、生活のパターンをちょっと崩すとダメですねぇ
体がだるくてこの週末は なんかやる気がしない。

まぁ 仕事以外は自己管理の問題ですが^^;
[PR]
by merak2006 | 2008-08-09 08:46 | 日記

押忍 塾長!

本日昼飯時間に塾長と数秒の談話を許された

塾長:「いやぁ 昨日は逆走したわ」

ワタシ:「えっ 逆走って 一人で長者の逆走(右回り)ですか?」

ワタシ:「2日連続とは・・・右回りと左回り どっちがエラかったですか?」

塾長:「土曜日は途中で休憩入ったらまだよかったなぁ 一人はエライわぁ」

ワタシ:「・・・・ おみそれしやした」

末端塾生が 軟弱にも映画を見たり、海水浴に行ったり、パンクしてカミサンに迎えに来てもらってる時に
塾長は御大53歳 この気合いである!
見習うべきであろう

男塾 万歳!
[PR]
by merak2006 | 2008-08-04 20:54 | 自転車

使用方法不明

ふんっ 坂は自分のペースで走るに限るぜ!

って事で、今日は何となくソロで池田山に登る事にした
どう考えても、あの急斜面はOrcaのギア比では無理なので
先日整備済み(リアのスポーク直しただけだけど)のMTB GT5.0で出撃

ここ登るのは2年振りだろうか

改めて思うが やっぱり坂がきつい
あわてず焦らず 自分のペースでカリカリ登る
汗がポタポタ GTのトップチューブはベタベタだ@@

7合目くらいまで登っただろうか
突然 「シュー・・・・」って音が

おいおい まさか

リアのパンクです

MTBでパンクは初体験
虫の知らせか いつもMTBにはパンク修理道具なんて積んでいないんだけど
今日はなぜか装備してきた
ただし、空気入れは使った事のない CO2ボンベである

早速、タイヤを外しチューブを交換
口金にボンベを挿して
ボンベで「プシュー」と・・・・・・

と。。。。

と??

口金をチューブのバルブに挿して
押しても引いても スクリューを回しても 
全然空気入らんやん!!

おまけにアブが一匹まとわりついてきて
イテエ! ケツを噛まれた

30分くらい悪戦苦闘(マジで指の指紋が無くなるほど色々やったがNG)

通りすがりのチャリだーに空気入れを借りようとしたが
こんな時に限って全然登ってこない^^;

あきらめたワタシは 携帯でカミサンに電話
思いっきり文句を言われながらも耐えて
無事回収、帰宅したのでした


帰宅後
CO2ボンベを口金から取り外そうと回したら
「プシュー」 

んっ? 口金からエアが出るじゃん

なんだか 口金のスクリューリングは意味が無く
ボンベを差し込む方向に一杯まで回すと ボンベの口が破れて固定
その後、ボンベを緩めると 口金からエアが出る仕組みらしい

そんなの ありかい!047.gif
[PR]
by merak2006 | 2008-08-03 10:38 | 自転車
峠で疲れた体を癒すべく
午後からは冷房の効いた部屋で映画鑑賞となった

「エヴァンゲリヲン新劇場版」

以前、TONYに借りて TV版エヴァンゲリオン並びに旧劇場版は統べてみているワタシだったが
いかんせん、この手の深~い作品は1回見ただけでは理解度が低い

ってことでエヴァとしては今回2回目の鑑賞となったわけだが
これがまた めちゃ良かった!

やっぱ総集編みたいな物は 通常作品をすべて見てなおかつ イマイチ理解できなんだがね・・・
って人のためにあるんだろう

絵も綺麗になって ヤシマ作戦なんて マジで感動してしまった^^;

続編はいつ出るんでしょうね??
[PR]
by merak2006 | 2008-08-02 20:03 | 日記

追尾不可能

Mな人限定、長者峠ツーリングに参加した
って、ワタシが招集したんだけど(笑

本日のメンバーは
塾長 K端さん
師匠 M田さん
新車FP2を駆るたっちゃん
ワタシの4人である
ちなみに、師匠M田さんは 朝飯前 いや 夜勤前の参加となった
(F部落Dのヤロウどもこのオッサンを見習わんかいw)


序盤、平地からやたらととばす 若い二人
いやちがう 一人は 1年年上の師匠である^^;
おいおい、これから坂が続くってーのに ちょっと速いんじゃないの@@

ハイペースで日坂口に到着
軽く休憩して登に入る
ここからは自分のペースで・・・
って おいおい お二人の姿が 

見えんぞ!

長者の峠でも あっという間に見えなくなるし

ワタシは走りながら考えた
オレは遅くない 遅くないんだ
これでも昨年よりは成長したんだ
だいたい
アンタたちが速すぎるのだ!

無事に4人共頂上まで完走
塾長 お疲れ様です

下りも軽快に~
と、思いきや 春日のアップダウンも全力疾走
あ”~~疲れた 下りも平地もついて行けん^^;

今回
師匠の速さは解っていたが
たっちゃんの速さはにはちとびっくり
今まで坂は強いが、平地や緩斜面でのスプリントは負けないと思っていたが
やはりソレは、MTBベースのマシンだったからだろう
FP2を得た彼は・・・かなり速くなった・・・

ちなみに師匠もFP3がどうのこうの言っていたけど
あの脚力で高性能マシンを手に入れた日にゃ・・・恐ろしいですね^^;

まぁ何はともあれ 楽しく午前中を過ごせましたね
また行きましょう~
[PR]
by merak2006 | 2008-08-02 14:52 | 自転車