人生を楽しみたいですね


by merak2006
カレンダー

2007年 04月 30日 ( 1 )

クマバチ

今日は暑かった~
午前中いつもの久瀬村方面までチャリで走ってきたが
ほんと、半袖、レーパンでOK!というより それでも暑かったぁ~

まさに チャリだーにとって一年で一番良い季節である
これからは、チャリで汗を流し腹を空かせて
ショウガたっぷりつゆでそうめんだなぁ~^^

今日、走ってて こわかったものが一つ

それはこれ↓ クマバチである
e0099496_19311418.jpg


ガキの頃から 「クマンバチ」って恐れていたハチである
当時、ガキ仲間での噂は 「刺されると死ぬかもしれない」だった@@
でかい体でブンブン飛び回るその様はまさに恐怖だ

そんなクマバチが チャリコースの至る所に飛んでいるではないか
しかも、なにげに 自転車に向かってくるような挙動である
こっちは、顔に当たらないように 前をよく見て首を振り降りよけなければならない

もし・・・
メットの隙間から入られて中で暴れられたら@@@
ぞっとする光景をKYしてしまう
もし
ウエアの中に入られたら・・・
ワタシはファスナーを首いっぱいまで上げた

うーん
これは かなり危険ではないか

ってことで 帰ってから 調べてみた
以下 WikiPediaの検索結果

-----------------
特徴

体長は2cmを越え、ずんぐりした体形で、胸部には毛が多い。全身が黒く、翅も黒い中、胸部の毛は黄色いのでよく目立つ。初夏に出現し、フジの花などに来訪するのがよく見られる。

食性は、他のハナバチ同様、花の蜜と花粉食。

春先の山道や林道では、オスが交尾のために縄張り内の比較的低空をホバリングし、近づくメスを待つ様子が多数見られる。 また、オスはメスに限らず飛翔中の他の昆虫や鳥類等、近づくもの全てを追跡し、メスであるか否かを確認する習性がある。

単独生活のハチであり、枯れ木に巣穴を掘り、中に蜜と花粉を集め、産卵する。時に同じ枯れ木に複数が集まって営巣することもある。

体が大きく、羽音の印象が強烈なために獰猛な種類として扱われることが多いが、きわめて温厚である。ひたすら花を求めて飛び回り人間には関心を示さず、あまり攻撃に出ることはないし、たとえ刺されても重症に至ることは少ない(アナフィラキシーショックは別)。

オスは比較的行動的であるが、針が無いため刺せない。メスは巣を(知らずに)脅かしたりすると刺すことがある。


-----------------
オスは  針ないの・・・・?!

そか 思ったより 怖くないんだ

ガキの迷信(通説)は当てにならんねw
[PR]
by merak2006 | 2007-04-30 19:39 | 自転車